『Drupal 実践プログラミング徹底入門』のレビューです。
ログイン後、ユーザメニューの[コンテンツの作成]→[アーティクル]から投稿内容で「レビュー」を選択して投稿することができます。
レビューの内容は、読了後の全体的な感想、ファーストインプレッション、「この章が役に立った」、「この辺りが良くなかった」など何でも結構ですので、難しく考えずに思ったままを投稿してください。

2009/07/06 - レビュー by 0829 #05 0829 (コメント:0)
2009/06/28 - レビュー by 0829 - 物理的観点から? 0829 (コメント:0)
2009/06/28 - レビュー by 0829 #04 0829 (コメント:0)
2009/06/21 - レビュー by 0829 #03 0829 (コメント:0)
2009/06/17 - レビュー by 0829 #02 0829 (コメント:0)
2009/06/16 - レビュー by 0829 #01 0829 (コメント:10)

このサイトについてこのサイトについて

  • このサイトは、『Drupal 実践プログラミング徹底入門』の紹介や、この書籍を中心としたDrupalでの開発についての情報提供・交換を目的としています。
  • このサイトは、Drupal開発者向け書籍『Drupal 実践プログラミング徹底入門』の発売を記念して、期間限定(2009/12/252010/03/20まで)での公開を予定しています。(ただし、ユーザの活動が活発なようであればこの限りではありません)
  • このサイトは、『Drupal 実践プログラミング徹底入門』の発行に携わった、Drupal JapanDRUPAL*DRUPAL とで共同運営しています。

優待販売キャンペーン終了ならびに当サイトの今後についてのお知らせ優待販売キャンペーン終了ならびに当サイトの今後についてのお知らせ

昨年6月より開催しておりました『Drupal 実践プログラミング徹底入門』優待販売キャンペーンですが、3月20日をもってご好評のうちに終了の運びとなりましたことをお知らせいたします。
これに伴い、キャンペーンに合わせて開設した当サイトにつきましても、近く閉鎖の運びとなります。 ただし、レビューやエラッタ、立ち読み等の一部コンテンツを含め、本書のサポートにつきましては近くリニューアルされる Drupal Japan の一コーナーとして移設する予定となっておりますので、引き続きそちらをご利用ください。

優待販売キャンペーン期間延長のお知らせ優待販売キャンペーン期間延長のお知らせ

現時点で国内唯一の Drupal 開発者向け書籍である『Drupal 実践プログラミング徹底入門』ですが、昨年6月の発売から半年以上経った現在でもご好評をいただいているようです。
まもなく Drupal 7 のファーストアルファ版が公開される予定ですが、この書籍がカバーする Drupal 6 も今後数年は現役バージョンであり続けることは間違いがありません。

正誤表を更新しました正誤表を更新しました

正誤表に2件(8章 p.210 / 17章 p.449)の修正を追加しました。

第15章「キャッシュ」のP.392の上から15行目に関する質問です第15章「キャッシュ」のP.392の上から15行目に関する質問です

お久しぶりです。
10月からjavaの案件を入れてしまったので、中々Drupalの勉強が進みません。

タイトルの件ですが、「CACHE_ERMANENT」ではなく「CACHE_PERMANENT」ではないでしょうか?

P.276の「hook_form_FORM_ID_alter」についてP.276の「hook_form_FORM_ID_alter」について

度々、申し訳ありません。
タイトルの掲題の件で、教えて頂きたい事があります。
P.276の「hook_form_alter」と「hook_form_FORM_ID_alter」の例題に関してですが
「formexample_form_alter」に関しては問題なく動作しました。
しかし、「formexample_form_user_login_alter」に関してはDrupal側からこのメソッドがコールされません。

ちなみに、フォーム要素の変更対象フォームを「ログインフォーム」ではなく
自分で作った、任意のフォームに対して「hook_form_FORM_ID_alter」を実装し
フォーム要素の変更対象フォームを「formexample」にしたところ、問題無く動作しました。

P244の「ボーナスサンプル:Pending usersブロックの追加」についてP244の「ボーナスサンプル:Pending usersブロックの追加」について

こんばんは。
タイトルの掲題に関するご質問をさせて頂きます。

Q1.
サンプルコードでは、クエリーの対象が{users}となっていますが、正しいのでしょうか?
※{comments}ではないのですか?という意味です。

Q2.
クエリーの対象が{users}が正しいとした場合
コメント未承認のユーザーは「ブロック」する事が前提
という認識は合っていますでしょうか?

度々、訳の解らない質問ばかりしていますが
宜しくお願いします。

P175の「collapse.js」についてP175の「collapse.js」について

こんにちは。
タイトルの掲題の件ですが
17行目の
check_markup($node->punchline);

$punchline = check_markup($node->punchline);
print $punchline;

と、しないと図7.6の様な結果にならないのですが
間違っていますか?

P164の「menuコールバックの変更」についてP164の「menuコールバックの変更」について

はじめまして
Drupal2週間目のtitou36jpともうします。

早速ですが、ご質問させてください。
タイトルの掲題の件ですが
自分の理解ですと「administer nodes」権限を持つユーザーは「管理者」であると認識しています。
また、「hook_menu_alter()」がDrupalからコールされるタイミングは
モジュールを有効にした場合のみ
つまり、「管理者」以外はモジュールを有効に出来ないと理解しています。
※間違った理解でしたら、申し訳ありません。

従いまして
if (!user_access('administer nodes')) {
$callbacks['node/add/joke']['access callback'] = FALSE;
unset($callbacks['node/add/joke']['access arguments']);
}
の条件が通り、上記のif文内のブロックが実行される場合は有るのでしょうか?
例えば
if (!user_access('create joke')) {
$callbacks['node/add/joke']['access callback'] = FALSE;

p.37 typo報告p.37 typo報告

まだまだ読み始めですが、drupal奥が深いですね。

p.37「~variable_set($key, $value)を使用することでそれを取得するうことが~」は
variable_getのtypoではないでしょうか。